【コラム】イギリスの結婚式

【コラム】イギリスの結婚式のページを説明

English Rose 英会話のコツでは、英語勉強法10秒英会話講座などをご紹介しています

【コラム】イギリスの結婚式

イギリスの結婚式ってどんなんだろう???
ちょっと見てみたい気がしませんか^^


イギリス文化の一部分を垣間みたようで面白かったので、
コラムにてお伝えさせてもらえばなって思います。


イギリスの結婚式は、色々あって、

日本の様に教会で式を挙げ、ホテルでパーティ、

マナーハウスと言われる貴族の館を借りて式+パーティ、

市役所などで祝福してもらって、ラフな感じのパーティ。


私が参加したのは、フォーマルな、
教会式とホテルでのパーティです。


面白かったのが、新郎側の一族がスコットランド出身で、
親族とベストマンなどが、みんなキルトを来ていました。

もちろんフォーマルなキルトなんですが、
結婚式に・・・新郎がスカート???

みたいな感じで、ちょっと可愛かったです、笑。



さて、日本とイギリスの結婚式で違うのが、
ベストマンとブライドメイドという習慣です。


ベストマンは、新郎の友人がなるんですが、
新郎のサポートをしたり、スピーチしたりします。


ブライドメイドは、新婦側の友人で、
同じ色のドレスを着て、当日、新婦のサポートをします。


私が参加した式のブライドメイドは淡いラベンダー色で
スレンダーラインのドレスだったんですが、

もう、みんなお綺麗で・・・
背が高くてドレスが似合います。

うっとりと目の保養です^^


流れとかは日本の結婚式と似ていたのですが、
違っているのが・・・ゲスト。



お母様や少し年配の方は、
フォーマルな服に帽子です、帽子!

ほら、あの、アスコット競馬場でおほほ・・・
みたいなの分かります?←分かりにくい例えでスミマセン


つばが広くて、何かひらひらしたのがついてる
そんなステキ帽子をお召しになられていました。



そのちょっと優雅な傍らで・・・



何か・・・普段着じゃない、それ?( ̄Д ̄;)


みたいな人が結構いました。


男性は大抵スーツなんですけど、
女性は何か普通のその辺のスカートとか着てて、
かなりビックリしました。


個性というか個人主義の国といってもさ、
違い過ぎでしょう、それ????と一人突っ込み。

でも、みんなそんなこと気にしてませんでした。


注;これはごく一般家庭の結婚式なので、
貴族とかになると違うのかもしれませんね。


教会での式が終わった後、
ホテルでのパーティーがありました。


式後のパーティーを英国では、
「レセプション」と言います。


レセプションに参加して、
みんなでお酒を飲みながら歓談して、
食事をしてスピーチとかあって、

その後、ダンス。


え???

ダンス???


Shall We Dance?



そんな世界でした。

あ、私は、まぁステキね。。。と、
第三者的に外から眺めてましたよ、笑。


ちょっと長くなってきたので、
続きはまた来週ということで・・・

感想やこんなの取り上げて欲しい!などの
ご要望などがありましたら、是非メールくださいね☆



English Rose 英会話ができるコツの【コラム】イギリスの結婚式のリンクについて

English Rose 英会話ができるコツの【コラム】イギリスの結婚式のリンクについて
リンクを自由に設置
<<[前]英会話講座 vol.29 a brain drain
>>[次]【コラム】ジューンブライドの由来
English Rose 英会話ができるコツのTOPへ
"【コラム】イギリスの結婚式"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。