英会話講座 vol.29 a brain drain

英会話講座 vol.29 a brain drainのページを説明

English Rose 英会話のコツでは、英語勉強法10秒英会話講座などをご紹介しています

英会話講座 vol.29 a brain drain

今週は、brainを使った慣用句シリーズです(笑)



・ a brain drain


このフレーズを聞いて、

まず、drainに着目します。


drainってどういう意味か、知ってます???


【drain】

 → 排水溝、下水管、(重要な資源の)流出、損失


この意味を確認したら、次に、


a brain drain


がどういう意味なのかな?って、

少し想像してみます。



脳が流出・・・

脳が流れでる・・・




ん???


脳が流れる。。。

脳って他に何かに置き換えることが出来ないかな?





こう考えて行くと、何か見えてくる所がありませんか?




答えを英文で説明しましょう☆


a brain drain

 → educated and skillful people moving abroad for better pay





日本語訳「優秀な頭脳がより良い給料を求めて、海外へ流れ出ること」



ただ優秀な頭脳が流れてるのではなくて、

より良い給料を求めてという所にポイントがあります。



つまり、自国では給料が多くない高等教育(技術)を受けた人が、

別の国へ行くと高待遇になるため、どんどん国から出て行くという現象。


例えば、フィリピンの看護婦。

フィリピンでは給料が低くて生活が苦しい人が、

イギリスへ来て就職すると、貨幣価値の違いからも高給料。


発展途上国から先進国へという流れが、

顕著に見られる例です。


もちろん先進国から先進国という例もあります。


そうすると、今度は、自国で優秀な人材がいなくなるという

別の問題も出てきたりします。。。


こんな感じで、イディオムの中にも、

社会問題の背景が絡んできます。


【使い方の表現】

" There was a brain drain of British scientists to the USA."

→ イギリス人科学者の頭脳流出がアメリカへ起こっている。



English Rose 英会話ができるコツの英会話講座 vol.29 a brain drainのリンクについて

English Rose 英会話ができるコツの英会話講座 vol.29 a brain drainのリンクについて
リンクを自由に設置
<<[前]英会話講座 vol.28 to be brain dead
>>[次]【コラム】イギリスの結婚式
English Rose 英会話ができるコツのTOPへ
"英会話講座 vol.29 a brain drain"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。