イギリスの祝祭日

イギリスの祝祭日のページを説明

English Rose 英会話のコツでは、英語勉強法10秒英会話講座などをご紹介しています

イギリスの祝祭日

こんにちは、モモです。

先週末は、サマーバンクホリデーということで3連休でした!

バンクホリデーとは、いわゆる祝祭日のことです。

1871年に導入された国民の休日に関する法律、

バンクホリデー法(Bank Holiday Act)に従って

銀行がお休みになることに由来しています。

今日はちょうどいいので、イギリスの祝祭日のお話。

続きの前に、ぽちっと応援してもらえると嬉しいです☆
人気blogランキングへ

国が定めたお休みはたったの10日!?

日本が15日だから、少ないですよねー。

ちなみにどんなお休みかご紹介。


・New Year's Day
ニューイヤーです。

・Good Friday
イースター(復活祭)の4連休の始まり。イエスキリストが十字架にかけられた受難の日から復活までを祝う。 イースターは春分の後の最初の満月の後の日曜日で、Good Fridayはその直前の金曜日。ちなみに3月最終日曜日以降、夏時間に代わり日本との時差が8時間になります。

・Easter Monday
復活祭の翌日の月曜日

・Early May Bank Holiday
メーデー、労働者の日として毎年5月の最初の月曜日。

・Spring Bank Holiday
5月最後の月曜日

・Summer Bank Holiday
8月最後の月曜日

・Christmas Day
12月25日。キリストの誕生を祝う日。

・Boxing Day
12月26日。もともとは、その昔、Servants(使用人)達は、クリスマス(25日)に働いて、 その翌日に雇い主よりねぎらいの贈物箱(ボックス)を贈られたことからこのような名がつく。クリスマスとボクシングデーが週末の場合は、振替休日となる。


キリスト教にちなんだお休みが多いですよね。

特にイースターとかクリスマスは、盛大です。

こういうところに異文化を感じます。


国民の休日は少ないイギリスですが、

お休み自体は多いです。。。(自主的???)

学校は、夏休みとか2−3ヶ月お休みですし、

途中で2週間くらいの休みもちょこちょこあります。

働いている人は、有給をガッツリとって、

2週間ー1ヶ月旅行に行ったりします。

こういうところで、イギリスってお休み多いな

と思われるかもしれませんが、

案外国が制定したお休みは少ないんですよ(笑)

最後に、ぽちっと応援してもらえると嬉しいです☆
人気blogランキングへ


English Rose 英会話ができるコツのイギリスの祝祭日のリンクについて

English Rose 英会話ができるコツのイギリスの祝祭日のリンクについて
リンクを自由に設置
<<[前]10秒英会話講座 vol.6 プリズンブレイク その2
>>[次]10秒英会話講座 vol.7 私の好みじゃ・・・
English Rose 英会話ができるコツのTOPへ
"イギリスの祝祭日"のTOPへジャンプ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。